サン・ジョルディの日4/23、赤いバラと本を贈り合うロマンある日。

サン・ジョルディの日4/23

サン・ジョルディの日は、4月23日

キリスト教のサン・ジョルディ(聖ゲオルギオス)の聖名祝日は4月23日。この日は、サン・ジョルディが殉教した命日です。

【聖名祝日】
キリスト教では、聖人にはその聖人を守護聖人とする祝日があります。聖人が殉教した命日が多いのですが、不明の日もあります。

スペイン・カタルーニャ地方では、伝統的にこの4月23日には、赤いバラなどを贈りあっていました。また、男性は女性に赤いバラを贈り、女性は男性に本を贈るようにもなりました。

ところで、サン・ジョルディ(聖ゲオルギオス)が退治したドラゴンの血が、赤いバラになったという伝承もあります。そのため、サン・ジョルディの日は「バラの日」(El dia de la Rosa)とも呼ばれています。

国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) はスペインからの提案に基づき、4月23日を「世界図書・著作権デー」(世界本の日)に制定しました。
日本には、20世紀後半に「サン・ジョルディの日」は紹介され、4月23日は「子ども読書の日」と定められました。

ちなみに、4月23日は、『ドン・キホーテ』の著者セルバンテスの命日(1616年)でもあり、さらにシェイクスピアの伝説上の誕生日と命日(1564年と1616年)でもあります。

サン・ジョルディ(聖ゲオルギウス)とドラゴン退治

カッパドキアのセルビオス(Selbios)王の首府ラシア(Lasia)付近に、毒気を振りまき、人を襲う巨大なドラゴンがいました。人々は、毎日2匹ずつの羊を生け贄にしていましたが、羊を全て捧げてしまいました。とうとう、人間まで生け贄として差し出すことになってしまいました。

今回、生け贄のくじに当たったのが王の娘。王はたくさんの宝石を差し出し、娘を助けようとしましたが、王であっても娘を助けることは叶いません。かわりに8日間の猶予をもらいました。

聖ゲオルギオスとドラゴン退治(ラファエロ作)聖ゲオルギウスとドラゴン退治

そんな時、聖ゲオルギオスが通りかかったのです。彼は事情を聞くと、
「よし、私が助けてあげましょう」と、言いました。

ドラゴンはゲオルギオスを殺そうとして口を大きく開きました。すかさず、ゲオルギウスは槍を刺します。ゲオルギオスは姫の帯を竜の首にまくと、犬か馬のように村まで連れてきました。

人々は大騒ぎになりました。ゲオルギオスは言いました。
「キリスト教徒になると約束しなさい。そうしたら、この竜を殺してあげましょう」
こうして、人々はキリスト教になったのです。

ゲオルギオス、4月23日殉教

ある時、ゲオルギオスは異教徒の王に捕らえられました。彼は拷問を受けていましたが、神の加護によって生きていました。
そんなゲオルギオスに、王は異教の神殿で棄教を迫ります。
しかし、ゲオルギオスの祈りによって、神殿は倒壊してしまいました。

また、王妃はゲオルギオスの信念に打たれ、キリスト教に改宗しようとしました。当然、王は怒ります。
王妃はゲオルギオスの目の前で、見せしめとして惨殺されることになりました。
その時、王妃は
「私は洗礼を受けておりません」と訴えました。
ゲオルギオスが王妃を祝福し、
「妹よ、貴方が今流すその血が洗礼となるのです」と答えました。

その後、ゲオルギオス本人も斬首され、殉教者となったのです。

なぜ、サン・ジョルディの日は定着しなかったか?

かなり親しい関係でないと、赤いバラと本を贈り合うということはできません。
ですから、バレンタインのように、「義理チョコ」「本命チョコ」「〇〇チョコ」といったような気安さと広がりがありません。

そのため、サン・ジョルディの日が、日本に定着しなかった原因ではないでしょうか。
しかし、赤いバラと本を贈り合える二人なら、緊密なロマンチックな世界を築けそうです。

終わりに

本を贈る習慣っていいと思いませんか!
豪華な装丁の本でもなく、文庫本でもいいと思います。好みの本は、その人の性格をよく表します。お互いを深く知るいい機会にもなります。
また、本を包むあなたなりのブック・カバーで贈れば、ちょっと粋でおしゃれ!にもなります。

そんな赤いバラと本を贈る「サン・ジョルディの日」が復活することを願っています。

今の時代は、スマホでなんでも済ませます。たしかに本もスマホで読めます。が、我々年配者には、なんか読書感がありません。ちょっとした情報を得るくらいならいいのですが、大事なところに赤線をひくと、記憶に残りやすいし,後で読み返しやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました