笑顔が見える!プレゼントがきっと見つかる。

グッズ
秋の旬

大きい【荒尾ジャンボ梨】甘さも糖度14〜15度でメロンなみ!

美食市の熊本県荒尾ジャンボ梨

【梨】で、こんな悩みをお持ちではありませんか?

そんなあなたに【荒尾ジャンボ梨】をご紹介します。

梨の旬は秋。8月から9月に注文すれば間違いなく美味しい梨が食べられます。梨は丸かじりが、そのみずみずしい美味しさを満喫できます。が、この【荒尾ジャンボ梨】は丸かじりするには、ちょっと大きすぎ!

【荒尾ジャンボ梨】3つのポイント

①大きい!荒尾ジャンボ梨
その大きさは、一般的な梨の2〜3倍で、とにかく大きく、子供の頭くらいの大きさがあります。荒尾ジャンボ梨は、誕生から100年以上もの長い間愛され続けてきた歴史あるブランドです。

②甘い!平均糖度はなんと14〜15度
豊水・幸水梨の糖度は11〜12度。それをはるかに上回る糖度14〜15度。これは、メロンの糖度(11〜18度)に匹敵する甘さです。

③農園で食べるような極上の味をお届け。
荒尾ジャンボ梨は生産者の鶴田さんが長年の経験から「今が一番美味しい時」と判断するまで、味をより良くするために木の上でじっくり完熟させていきます。そして、完熟限界まで丹念に育て上げ、「今が一番美味しい」と判断したタイミングで収穫し発送しています。

荒尾ジャンボ梨

荒尾ジャンボ梨 】公式サイトへ

【荒尾ジャンボ梨】のメリット

こんな大きな梨は家族で食べてもいいのですが、贈答品にすると、びっくりされること間違いなし。おそらく、先方も見たことも聞いたこともないと思いますので、あなたの株も大きく上がります。

【荒尾ジャンボ梨】のデメリット

荒尾ジャンボ梨は、ほとんど地元で消費されてしまうため、市場に出回る量は少なく、知っている人は少ない。
発売元美食市(株)から一言。
「大変申し訳ございませんが、昨年に引き続き今年2018年の状況も芳しくなく、販売を中止いたします。」

【商品名】美食市(株)荒尾ジャンボ梨