笑顔が見える!プレゼントがきっと見つかる。

グッズ
敬老の日・還暦に

9月第3月曜日【敬老の日】を考える。

敬老の日

敬老の日の由来をご存じですか?

昭和22年(1947)9月15日、兵庫県多可郡野間谷村の門脇村長が「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨から55歳以上の人を対象に「敬老会」を開きました。
9月15日という日取りは、ちょうど農作業も一段落し気候も良い9月中旬ということで決められました。

門脇村長は、翌年(1948)9月15日に開催された第2回「敬老会」において、9月15日を「としよりの日」として村独自の祝日とすることを提唱しました。また、県内市町村にも祝日制定を働き掛け、その趣旨への賛同が県から全国へ広がり、昭和39年(1964)に「敬老の日」として制定されました。
ちなみに、9月15日は「老人の日」となり、9月15日から21日までの1週間を「老人週間」と定められました。

ところで、ハッピーマンデー制度とは?

平成12年(2000)から施行された「ハッピーマンデー制度」により、日曜日が祝日の場合、月曜日にずらして日曜日と月曜日が休日になりました。ただし、元日(お正月)は、1月1日で決まっています。
平成13年(2001)祝日法改正。
敬老の日は、平成14年(2002)までは9月15日でしたが、平成15年(2003)以降は法律により「9月の第3月曜日」と定められました。

敬老の日は、何歳からお祝いすればいい?

「何歳から」と正式な決まりはありません。
3つの候補が考えられます。

  1. 還暦を迎えた日
  2. 初孫が生まれた日
  3. 年金が支給される年齢

昔は60歳を迎えると、人生の区切りがついたとして隠居生活に入るのが一般的でした。また、満60歳で定年退職を迎える企業も多かったです。
しかし、現在の60歳はまだまだ現役。65歳でもで、敬老とはほど遠いのが現実です。

地域によっては、加入している町内会から「敬老会への入会」が届くことがあるそうです。敬老会の入会資格はおよそ65歳〜70歳だそうです。

ところで、
おじいちゃん、おばあちゃんには何を贈ったら笑顔になるでしょうか?

【楽天敬老の日】9月17日はおじいちゃんやおばあちゃんを笑顔にする日