笑顔が見える!プレゼントがきっと見つかる。

グッズ
夏ギフト お中元に

お中元、いつまでに贈ったらいい?

お中元の贈る時期は、遅くても8月15日ごろまで。

大まかに言えば、関東では7月15日関西では8月15日ですが、全国的には7月15日が標準とされ、8月15日のお中元を「月遅れ」と呼びます。

ほとんどの地域では、お盆と同じ日付ですが、異なる地域もあり、関東地方の一部ではお中元は7月15日、お盆は8月15日です。

ただし、贈答はこの日ちょうどでなくとも、この日までに送ればいいです(特に配送の場合)。少々の遅れは問題とはされません。「月初めから15日ごろまで」と思っていれば良いでしょう。

ところで、お中元っていつから始まった?

中元(ちゅうげん)は、道教に由来する年中行事で、三元の1つ。もともと旧暦の7月15日に行われていましたたが、現代の日本では新暦の7月15日または8月15日に行われます。この時期に、世話になった人々に贈り物をする習慣をお中元と呼びます。

中元は地官大帝(もしくは赦罪大帝。「舜」と同一視される)の誕生日であり、さまざまな罪が赦される贖罪の行事が催されます。また、地官大帝は地獄の帝でもあるため、死者の罪が赦されるよう願う行事も行われます。

【三元】
三元(さんげん)とは、1年の中で上元・中元・下元の3つの日の総称です。雑節(ざっせつ)とすることがあります。

【雑説とは】
雑節とは、二十四節気・五節句などの暦日のほかに、季節の移り変りをより適確に掴むために設けられた、特別な暦日のことです。次の9つ。
節分・彼岸・社日・八十八夜・入梅・半夏生・土用・二百十日・二百二十日

お中元で贈るべき人は?

お世話になった人がまず思い浮かびますが、どの程度お世話になった人を指すのでしょうか。

「そんなの、自分の心に聞け!」

と怒られそうですが、あまり接待という昔の文化に親しんでなかったものですから。私には、正直よくわかりません。考えてみると、次の3分類かな。

  1. 会社関係の人(取引相手や上司)
  2. お世話になった、なっている人(恩師、習い事の先生)
  3. 身内関係(これは、私の場合ないな)

お世話になった人々や、仕事で付き合いがある人々に、贈り物をする。表書きの文面や、季節の品揃えを別にすれば、「お歳暮」と同じです。