4月7日生まれの有名人、芸能人? 鉄腕アトム

鉄腕アトムと『地上最大のロボット』©手塚プロ

『地上最大のロボット』プルートゥ vs7ロボット

鉄腕アトムの中で、記憶に残っているといえば『地上最大のロボット』です。
国を追われた元サルタン王がアブーラ博士に命じて作らせた世界最強のロボット、それがプルートゥ。プルートゥは世界の名だたる7体のロボットと戦い、破壊していきます。アトムもその中の一人。

私としては、オーストラリアで孤児院の先生をしているロボット、エプシロンが印象に残っています。エプシロンは太陽からエネルギーを補充しています。ルートゥは晴れの日にはエプシロンに勝てないので、二度目の戦いに雨の日(?)を選びました。

『地上最大のロボット』エプシロン©手塚プロ

『地上最大のロボット』プルートゥと戦った7人のロボット

  1. モンブラン
    スイスの山岳案内用ロボット
  2. ノース2号
    コットランドの執事ロボット。阿修羅のような6本の腕を持つ
  3. ゲジヒト
    ドイツのロボット刑事。超合金製の体を持ち、プルートゥを逮捕しようとしていた
  4. ヘラクレス
    ギリシャの戦闘用ロボット。誇り高い戦士で、エプシロンの助力を拒否
  5. ブランド
    トルコのロボット力士。親友モンブランを破壊したプルートゥを心底憎む。
  6. エプシロン
    オーストラリアで孤児院の先生をしているロボット。太陽光をエネルギー源にしている
  7. 鉄腕アトム
    日本の科学技術の粋を集めて作られた10万馬力のロボット(元の名は飛雄)

プルートゥは「戦いに?」を持ちつつも戦い続け、改心したプルートゥを倒すために生み出されたボラーに破壊されます。

→ PLUTO『地上最大のロボット』

鉄腕アトム〈プロフィール〉

【誕生日】2003年4月7日
【身長】135cm
【体重】30kg
【電子頭脳】胴体内上部(頭部ではなく)
【動力部】原子炉(原子力モーター)
【家族】妹ウラン、弟チータン(赤ん坊)、兄コバルト、パパ・エタノール、ママ・リン

「アトム今昔物語」によると、
アトムは、1970年代に開発された超小型の原子力電子計算機が基になっているとされます。
胸にはメンテナンス用の蓋あり、エネルギーチューブは1990年代にアメリカで開発された物で、当時は非常に高価で用途もごく限られていたといいます。

人工皮膚は、ケブラー繊維とカーボン・ファイバーを織り込んで造られており、防水機能のほかに小火器程度の被弾では損傷しない性能を持っています。

お茶の水博士
科学省長官。トレードマークの鼻は、作者である手塚治虫の団子っ鼻に由来。
ウランやコバルトなどのロボットを造り、アトムの良き理解者でも保護者でもある。
アトムの「生みの親」と誤認されることが多いが、正確にはアトムの「育ての親」に当たる。

天馬博士
アトムの生みの親。群馬県出身。練馬大学卒業。技術者としては非常に優秀であり、お茶の水博士よりも高い技術を持っている。

幼くして事故死した息子、飛雄への思いからアトムを製作する。アトムをサーカスに売ってからは隠遁者として生活している。

一方、高級官僚的エゴイズムをもあり、実は生物学者でもあるらしい。影から常にアトムを見守っており、アトムを危機から救うこともある。

ヒゲオヤジ
アトムの通うお茶の水小学校の先生。元私立探偵。
お茶の水博士とも親しく、アトムの良き理解者。江戸っ子で、卑怯なことが大嫌い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました