※本ページにはプロモーションが含まれています。

深海魚のおじさんの名誉回復

深海魚のおじさんは、2013年「世界で最も醜い動物」に選ばれました。オーストラリア・ニュージーランド・タスマニア周辺海域全体でのの世論調査のことでした(世界と言っても、一部海域のことでした)。

そこで、深海魚のおじさんとは、どんな魚なのか? どうしてこんな醜い姿になってしまったのか? 調べてみました。すると、それは、全くの"誹謗中傷"であることが分かりました。

深海魚のおじさんは、名誉毀損で訴えることも可能です。しかし、誰に訴えればいいのでしょうか?

深海魚のおじさんの名前はニュウドウカジカ

ニュウドウカジカ=英名Blobfish(ブロブフィッシュ)

深海魚のおじさんの名前は、ニュウドウカジカと言います。ニュウドウカジカは、英名Blobfish(ブロブフィッシュ)です。学名は、Psychrolutes phrictus(ウラナイカジカ属)です。

Youtube動画には、こう書かれています(元は英語)。

オーストラリア、ニュージーランド、タスマニア周辺海域全体で、2013年の世論調査である海洋生物が「世界で最も醜い動物」に選ばれた。これは最も「不気味な」深海生物の一つですが、この動物の奇妙な外見の理由は何でしょうか?

深海魚のおじさんになってしまう理由

ニュウドウカジカ(ブロブフィッシュ)が深海魚のおじさんになってしまう理由は、深海の水圧と地上に引き上げられた時の気圧の差です。

ニュウドウカジカ(ブロブフィッシュ)は深海魚ですから、水圧が高い環境で生きています(水深839~2800m)。しかし、漁網にかかり地上に引き上げられると気圧は水圧よりはるかに低くなります。そのため、ニュウドウカジカ(ブロブフィッシュ)の身体は、膨らんでしまいます。

英名Blobfishの「Blob」は塊(かたまり)で、ぼんやりしたもののことです。

また、漁網にかかった時、その表皮が網で削られ、ピンクの肉が剥き出しになります。そのため、上の動画のように世界で最も醜い動物=深海魚のおじさんになってしまうのです。

このように、ニュウドウカジカ(ブロブフィッシュ)にとっては災難にあっただけなのに、死後も不名誉なレッテルを張られてしまったことになります。

ニュウドウカジカ(ブロブフィッシュ)の名誉回復

ニュウドウカジカ(ブロブフィッシュ)出典en.wikipedia

ニュウドウカジカ(ブロブフィッシュ)が、深海で生きている姿が写真・上です。世界で最も醜い動物=深海魚のおじさんのイメージは、全くありません。むしろ、凛々しいくらい、シャキッとしていますね。

説明にはこうあります(en.wikipedia)。

ブロブカジカ(Psychrolutes phrictus)は、カジカ科の深海魚の一種。主に甲殻類、軟体動物などを食べています。

北太平洋の日本沿岸、ベーリング海、カリフォルニアの非常に深い海域(839~2800m)の大陸棚沖に生息しています。メスが卵を産むと、成魚が巣を守ります(責任感のあるお父さんですね)。

最大長は70cm。口は肉厚で湾曲しています。エラぶた(エラをおおう骨の皮弁)の前には棘がなく、エラ骨膜は峡部(エラの開口部を隔てる肉質の突起)に融合しており、エラぶたの上には多数の小さな巻毛(肉の糸)が点在。頭と体。エラぶたはほとんど骨化しておらず、ゼラチン状の層でおおわれています。

皮膚と筋肉の間にゼラチン状の層があります。背びれには8本の棘と19~20本の軟条(ヒレのスジ)があり、尻びれには棘がなく12~14本の軟条があります。

深海魚のおじさんのぬいぐるみ、大人気!

こんな深海魚のおじさんことニュウドウカジカですが、ぬいぐるみになり人気者になっています。人生、いや魚生どんな未来が待っているか分かりませんね。

なんといっても、世界で最も醜い動物が、可愛い! と言われるぬいぐるみになってしまうのですから。


まとめ

深海魚のおじさんことニュウドウカジカ(ブロブフィッシュ)は、2013年「世界で最も醜い動物」に選ばれました。

そこで、深海魚のおじさんとは、どんな魚なのか? どうしてこんな醜い姿になってしまったのか? 調べてみました。

深海の水圧と地上の気圧の差で、ぶよんぶよんに膨らんでしまったのでした。

ニュウドウカジカ(ブロブフィッシュ)本人だって、死んでまでこんな醜い姿になろうとは、夢にも思っていなかったでしょう。

しかし、ニュウドウカジカ(ブロブフィッシュ)はぬいぐるみになり、人気者だそうです。人生、いや魚生どんな未来が待っているか分かりませんね。