※本ページにはプロモーションが含まれています。

もしも猫展(京都文化博物館)

もしも猫展(京都文化博物館)チケット当日券や前売券について紹介します。

「もしも、うちの猫が人のように話したら?」
浮世絵師の歌川国芳は猫を擬人化したり、役者を猫にした作品を次々と発表していきます。
歌川国芳を中心に、江戸時代の擬人化表現の面白さに着目。そのなかで、なぜ国芳作品にこんなにも惹きつけられるのか、その魅力を探っていきます。

もしも猫展(京都文化博物館)ではチケットが必要ですが、当日券や前売券はあるのでしょうか?
今回は、もしも猫展(京都文化博物館)のチケット情報について調査しました。
気になるグッズ情報についても紹介していきます。

京都文化博物館の詳細はこちらから確認できます。
周辺の宿泊先もチェックできますので、ぜひご覧ください。
>>京都文化博物館の詳細はこちら

当日になって駐車できなかったら不安…そんな時のために
>>akippaで格安コインパーキング・駐車場を予約する
「京都文化博物館」で検索

もしも猫展(京都文化博物館)のチケット当日券や前売券は?

もしも猫展にはチケットが必要です。
もしも猫展のチケット情報をまとめました。

チケット(税込) 一般 大高生 中小生
当日券 1,600円 1,000円 500円
前売券 1,400円 800円 300円

【チケット購入方法】
京都文化博物館・アソビュー・チケットピア・ローソンチケット・CNプレイガイド・イープラス・セブンチケット・楽天チケットなど

>>アソビューでチケットを見てみる

チケットの購入は、アソビューを利用すると便利です。

完全無料で利用できるのに、新規会員登録クーポンなどを使えば割引価格でチケットを購入することができます!

スマホで簡単に予約ができて当日スムーズに入場できるのも魅力です。

もしも猫展(京都文化博物館)のグッズ情報

もしも猫展の特設展ページではグッズ情報はありませんが、過去のもしも猫展ではかなりのグッズが販売されています。

ですから、同じようなグッズが発売されるでしょう。

・肉球グミ 660円
・飴 梅味 1,100円
・タイベックブックカバー 825円
・ご朱印帳 2,750円
・ポチ袋3枚セット 880円
・マスキングテープ 550円
・ポストカード 各220円
・Tシャツ 3,850円

もしも猫展・特別展ページ
Twitter @MOSHIMONEKOTEN
Instagram @moshimoneko_kyoto

もしも猫展(名古屋市博物館)2022年のグッズ情報です。

もしも猫展(京都文化博物館)の駐車場とアクセス情報

京都文化博物館 3階・4階展示室
2023年9月23日(土・祝)~11月12日(日)

住所
京都府京都市中京区三条高倉

アクセス情報
【電車】
地下鉄「烏丸御池駅」下車[5]番出口から三条通りを東へ徒歩3分
阪急「烏丸駅」下車[16]番出口から高倉通りを北へ徒歩7分
京阪「三条駅」下車[6]番出口から三条通りを西へ徒歩15分
【車】名神高速道路 京都南ICより約20分

【駐車場】なし

京都文化博物館の詳細はこちらから確認できます。
周辺の宿泊先もチェックできますので、ぜひご覧ください。
>>京都文化博物館の詳細はこちら

当日になって駐車できなかったら不安…そんな時のために
>>akippaで格安コインパーキング・駐車場を予約する
「京都文化博物館」で検索

まとめ

もしも猫展(京都文化博物館)のチケット当日券や前売券について紹介しました。

2023年9月23日(土)が展覧会初日ですので、まだ前売券は販売されています。

もしも猫展各チケットが200円OFFですので、見たい方は今のうちに購入しておいてください。

「もしも、うちの猫が人のように話したら?」
毎日が楽しくなりますね。

では、当日はもしも猫展を存分に楽しんでくださいね!

京都文化博物館の詳細はこちらから確認できます。
周辺の宿泊先もチェックできますので、ぜひご覧ください。
>>京都文化博物館の詳細はこちら

当日になって駐車できなかったら不安…そんな時のために
>>akippaで格安コインパーキング・駐車場を予約する
「京都文化博物館」で検索