※本ページにはプロモーションが含まれています。

ポール・ジャクレー フランス人が挑んだ新版画

ポール・ジャクレー フランス人が挑んだ新版画」展を、太田記念美術館で開催しています。

開催期間は、2023年6月3日(土)~7月26日(水)。ポール・ジャクレーの新版画全162展を首都圏で見られる初めてのチャンスです。

ポール・ジャクレーの版画を書籍で見ただけの人は、必ずや生で見る鮮やかな色彩に圧倒されるでしょう!

前期と後期の全点展示替えになりますので、お得なリピーター割引を使いましょう。

そこで、太田記念美術館の「ポール・ジャクレー フランス人が挑んだ新版画」展のチケット料金や割引、アクセス方法を調べてみました。

ポール・ジャクレーのチケット料金

「ポール・ジャクレー フランス人が挑んだ新版画」展チケット料金
一般 1000円 大高生 700円 中学生以下 無料

ポール・ジャクレー フランス人が挑んだ新版画
2023年6月3日(土)~7月26日(水)
【前期】6月3日(土)~6月28日(水)
【後期】7月1日(土)~7月26日(水)
※前後期で全点展示替え

【休館日】
6月5、12、19、26、29、30
7月3、10、18、24日

ポール・ジャクレーのお得な割引を紹介

  • リピーター割引
    会期中2回目以降ご鑑賞の方は半券のご提示にて200円割引いたします(他の割引との併用不可)
  • 他館相互割引のご案内
    チケットご購入時に下記の提示にて100円割引
    ・山種美術館 2023年2月以降にご入館の入場券半券またはオンラインチケット画面
    ・サントリー美術館 メンバーズクラブ会員証
    ・千葉市美術館 友の会会員証

※山種美術館にて「ポール・ジャクレー フランス人が挑んだ新版画」展の入場券半券を提示すると、2024年3月末まで100円割引になります。
※サントリー美術館、千葉市美術館にて太田記念美術館の年間パスポートを提すると、2024年3月末まで100円割引になります。

ポール・ジャクレーをもっと知ろう!

「ポール・ジャクレー フランス人が挑んだ新版画」展の見どころを、担当学芸員が解説。
【会場】太田記念美術館 視聴覚室(B1)
【定員】50名
【時間】各回30分ほど

  1. 6月13日(火)11:00
  2. 6月21日(水)11:00
  3. 7月 7日(金)11:00
  4. 7月13日(木)11:00
  5. 7月19日(水)11:00

10:30より美術館受付にて整理券を配布。展覧会入場券ご購入時にお申し出ください。整理券がもらえます。聴講にはこの整理券と当日入場券が必要です(整理券は1名につき1枚)。

太田記念美術館のアクセス方法と駐車場

太田記念美術館
東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL:03-3403-0880
ハローダイヤル:050-5541-8600

  • JR山手線:原宿駅表参道口より徒歩5分
    (表参道を青山方向へ進みソフトバンクの先の路地を左折)
  • 東京メトロ千代田線/副都心線:明治神宮前駅5番出口より徒歩3分
    (表参道を原宿駅方向へ進み千疋屋の先の路地を右折)

太田記念美術館の詳細はこちらから確認できます(MAPあり)。
周辺の宿泊先もチェックできますので、ぜひご覧ください。
>>太田記念美術館の詳細はこちら

当日になって駐車できなかったら不安…そんな時のために
>>akippaで格安コインパーキング・駐車場を予約する
「太田記念美術館」で検索

まとめ

「ポール・ジャクレー フランス人が挑んだ新版画」展を、太田記念美術館で開催しています。

「ポール・ジャクレー フランス人が挑んだ新版画」展は、前期と後期の全点展示替えになりますので、お得なリピーター割引を使いましょう。

ポール・ジャクレーの版画を書籍で見ただけの人は、必ずや生で見る鮮やかな色彩に圧倒されるでしょう! 書籍だけでは得られない生の感動を、ぜひ体験してください。