※本ページにはプロモーションが含まれています。

塩竈市『ゑびや カフェ はれま』

宮城県塩竈市の『ゑびや カフェ はれま』のメニュー・アクセス方法と駐車場を紹介します。

このゑびや カフェ はれまは、東日本大震災の時に浸水被害を受けた『旧ゑびや旅館』の一階が利用されています。

『はれま』という名前は、「震災後の塩竈の町に明るい日が差すように」という店主の菊池千尋さんの思いがこめられています。

店内には、大正ロマンと昭和レトロの雑貨で満ちています。ちょっとしたタイムスリップ感覚が味わえます。雑貨は販売されていますので、気に入ったものを購入してはいかがでしょうか。

また、ゑびや カフェ はれまの道路をはさんだ前には、日本三奇のひとつ『四口の神釜』がある御釜神社です。

塩竈市『ゑびや カフェ はれま』のメニュー

口コミを調べてみたら、おにぎりセット(塩竈おでん・ミニデザート付)に人気がありました。

また、ぜんざい、あんみつといった古風なメニューも魅力です。お菓子は、地元塩竈市のお菓子屋さんのものを出しています。

  • スイーツ
    抹茶アフォガード
    抹茶シフォンケーキ
    白玉入りぜんざい(ほうじ茶付)
    白玉クリームあんみつ
    ベリー入りのチーズケーキ
    しおがまジェラート
    3種類のアイス
    ミタラシアイス
    ミタラシチーズケーキ
    しおがま普段スイーツセット
  • 食事
    あんバターサンド
    のりサンド
    はれまカレー
    おにぎりセット(塩竈おでん・ミニデザート付)
    シフォンケーキセット(フルーツとアイスクリーム付)

塩竈市『ゑびや カフェ はれま』アクセスと駐車場


  • 三陸自動道 利府中I.Cより約5分
  • 電車
    JR仙石線「本塩釜駅」より徒歩約8分
  • 駐車場
    ありません。鹽竈神社(しおがまじんじゃ)東参道一の鳥居の左脇にある塩釜市管理の無料駐車場(9台)を利用できるそうです。

塩竈市『ゑびや カフェ はれま』
宮城県塩竈市本町3-9
営業時間: 11:00〜17:00
電話: 090-4557-1671
※塩竈市『ゑびや カフェ はれま』は、御釜神社の前にあります。

日本三奇の御釜神社

宮城県塩竈市本町6-1
【御祭神】塩土老翁神(シオツチノオジノカミ)
※鹽竈神社(しおがまじんじゃ)の境内にはない末社です。ふつう、末社は同じ境内にあることが多いです。

御釜神社は『四口の神釜』が有名!
日本三奇の一つ。変事が起こる前に、御釜を満たす水の色が変わるといいます東日本大震災の時、2つの神釜の水の色が変わったといいます。
※日本三奇(四口の神釜・石乃寶殿・天之逆鉾)とは、江戸時代の医者・橘南谿が記した書物で、3つの軌跡として取り上げられています。

日本三奇のページ

塩竈市『ゑびや カフェ はれま』は、御釜神社の前にあります。
御釜神社の詳細はこちらから確認できます(MAPあり)。
周辺の宿泊先もチェックできますので、ぜひご覧ください。
>>御釜神社の詳細はこちら

当日になって駐車できなかったら不安…そんな時のために
>>akippaで格安コインパーキング・駐車場を予約する
「御釜神社」で検索

まとめ

宮城県塩竈市の『ゑびや カフェ はれま』のメニュー・アクセス方法と駐車場を紹介しました。

また、ゑびや カフェ はれまの道路をはさんだ前にある御釜神社も簡単に調べてみました。御釜神社には、日本三奇のひとつ『四口の神釜』があります。なんでも、大災害の前には神釜の水の色が変わるのだそうです。

御釜神社は鹽竈神社(しおがまじんじゃ)の境外末社です。二つの神社にお参りした後に、ゑびや カフェ はれまに訪れるのもよいかもしれません。