※本ページにはプロモーションが含まれています。

目黒のさんま祭り

目黒のさんま祭りの焼きさんまの無料配布は、10:00から始まります。

しかし、焼きさんまの無料配布は午前中でなくなるほど、人気があるため大変混雑していました。また、焼きさんまを食べようと、朝早くから行列ができるほどでした。

目黒区は混雑回避のため、2022年から「焼きさんま券の事前募集」に切替えました。

そこで、目黒のさんま祭り2023年の「焼きさんま券の事前募集」の締め切りや応募要項を調べてみました。

「焼きさんま券の事前募集」締切と応募要項

応募締切は8月27日(日)必着
定員1,500名(応募多数の場合は抽選)

応募要項】※下記事項が必須

  • 目黒のさんま祭
  • 氏名(ふりがな)
  • 住所
  • 電話番号
  • 同伴者の有無及び同伴される方の氏名(3名まで)

※申込は同伴者(3名まで)を含む目黒区内在住者のみ
※同伴者を含む重複申込はすべての無効になります。

はがきで応募する
〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号
目黒区 文化・交流課 交流推進係

ファックスで応募する
Fax.03-5722-9378

ネットから応募する
申込フォームはこちら

「目黒のさんま祭り」焼きさんま券の事前募集の詳細ページ

目黒のさんま祭り2023 アクセスと駐車場

日時
令和5年10月8日(日)10:00〜14:30

会場
田道広場公園(目黒区目黒一丁目25番8号)

アクセス
JR・東急目黒線「目黒駅」下車徒歩9分

【駐車場】
>>akippaで格安コインパーキング・駐車場を予約する
「目黒区目黒一丁目」で検索

「目黒のさんま」落語あらすじ

初秋のある日、殿様が家来をつれて「目黒」まで鷹狩に出かけました。狩りを終えて昼食の時間になると、なんと家来が弁当を忘れていたのです。

そこに、近くの農家から旨そうな匂いが漂ってきました。

殿様「このいい匂いはなんの匂いだ?」
お供「庶民が食べる下衆魚のさんまを焼いている匂いです。ですから、殿の口に入れるなど滅相もございません」

「とにかく腹が減っておるのじゃ。いいから食べさせろ」と、お供にさんまを持ってこさせました。

「こんなうまい魚があるのか!」
しかし、下衆魚のさんまを屋敷で食べることはできません。

焼きさんま

ある日、殿様は親戚の集まりで、昼食にさんまを所望しました。

しかし、屋敷には下衆魚のさんまの準備がありません。家来は急いでさんまを買いに日本橋の魚河岸に走りました。

ここで、家来としては当然なことですが、間違いを犯します。殿様に脂がのっているさんまを出して、健康を害してはいけないと思ったのです。蒸して骨を抜いたさんまを出したのです。

殿様がさんまを口にはこぶ、なぜか不味いのです。

殿様「これが余の申したさんまか? 目黒で食した折には黒く焦げていたが」
家来「日本橋の魚河岸で求めてきた新鮮なさんまでございます」

殿様は落胆しながら言言いました。
「魚河岸?  どおりで不味いわけだ。やっぱりさんまは目黒に限る

まとめ

目黒のさんま祭り2023年の「焼きさんま券の事前募集」の締め切りや応募要項を調べてみました。

目黒区は朝早くから並ぶ区民と混雑回避のため、2022年から「焼きさんま券の事前募集」にしました。応募方法は、はがき・FAX・ネットの3方法があります。

定員は1,500名です。応募者多数の場合は抽選になります。

目黒のさんま祭り2023年は10月8日(日)秋真っ盛りの日に行われます。焼きさんまを食べられても、食べられなくても、たくさんのさんまが焼かれるのは壮観です。ぜひ、会場で目黒のさんま祭り2023を楽しんでくださいね。