※本ページにはプロモーションが含まれています。

太宰府天満宮 門前まつり

太宰府天満宮 門前まつりの駐車場とアクセス方法について紹介します。

太宰府天満宮 門前まつりは、毎年梅の見頃に開催されるお祭りで、太宰府天満宮周辺でさまざまなイベントが行われます。観梅電車発車式や太宰府木うそ作品展、献華祭、曲水の宴、梅上げ行事などがあり、楽しい時を過ごせるお祭りです。
[開催日]2024年2月3日(土)~3月20日(水)

また、太宰府天満宮のご由緒、ご祭神、御朱印についても調査しました。

太宰府天満宮の詳細はこちらから確認できます。
周辺の宿泊先もチェックできますので、ぜひご覧ください。
>>太宰府天満宮の詳細はこちら

混雑で駐車できなかったら不安…そんな時のために
>>akippaで格安コインパーキング・駐車場を予約する
「太宰府天満宮」で検索

太宰府天満宮の駐車場やアクセス方法

太宰府天満宮 門前まつりのアクセス方法を紹介します。
【電車】
太宰府観光列車 旅人(たびと)
西鉄天神大牟田線「二日市駅」〜西鉄太宰府線「太宰府駅」 約6分
【バス】
太宰府観光バス 旅人(たびと)
博多バスターミナル ~ 西鉄太宰府線「太宰府駅」 約40分
福岡空港国際線ターミナル ~ 西鉄太宰府線「太宰府駅」 約25分
【車】
・九州自動車道 「太宰府IC」から約15分(約6km)
・九州自動車道 「筑紫野IC」から約20分(約6km)
・福岡都市高速道路 「水城IC」から約15分(約6km)
【駐車場】
太宰府駐車センター(8時~17時)など

太宰府天満宮の詳細はこちらから確認できます。
周辺の宿泊先もチェックできますので、ぜひご覧ください。
>>太宰府天満宮の詳細はこちら

混雑で駐車できなかったら不安…そんな時のために
>>akippaで格安コインパーキング・駐車場を予約する
「太宰府天満宮」で検索

太宰府天満宮 門前まつりのイベント

太宰府天満宮門前まつりは、毎年梅の見頃に開催されるお祭りで、太宰府天満宮周辺でさまざまなイベントが行われます。以下は、具体的なイベントの詳細です:

  • 観梅電車発車式
    (西鉄福岡駅)
    梅の季節を迎えるにふさわしい電車の出発式です。
  • 太宰府木うそ作品展
    (太宰府館2階ギャラリー)
    木うそ作品の展示会です。
  • 令和の都だざいふ万葉大茶会
    太宰府天満宮文書館及び周辺の庭園(大茶会)
    新元号「令和」の典拠となった万葉集「梅花の宴」を茶会形式で再現します。
  • 池坊華展
    (太宰府天満宮・絵馬堂)
    華道の美しい展示を楽しめます。
    「献華祭」
    (西鉄太宰府駅前から参進)
    古式に則った献華の儀が奉納されます。
  • 曲水の宴
    太宰府天満宮・曲水の庭
    平安装束をまとった参宴者が、詩歌を詠みながら盃を飲む神事です。
  • 梅上げ行事
    太宰府参道・太宰府天満宮境内
    伝統的な「梅上げ」の行事で、初老と還暦の男性が梅の木を奉納します。
  • 門前まつりフェア
    太宰府天満宮境内絵馬堂前
    様々な催し物があります。

このお祭りは、梅の美しい季節に多彩なイベントを楽しめる素敵な機会です。
↓詳細日時は↓
TEL: 092-925-1880(太宰府市観光案内所)

太宰府門前町案内まっぷ
太宰府天満宮門前町の店舗情報です。
ガイドマップに加え、おみやげ情報や年中行事をご案内しています。

太宰府天満宮について

太宰府天満宮太宰府天満宮[公式サイト]

太宰府天満宮のご由緒

昌泰4年(901)に、道真公は藤原氏の策略により、大宰権帥から左遷されました。大宰府での彼は、貧しい生活の中でも天に恨みを持たず、人を憎まず、皇室の栄光と国家の平和を祈り続けました。

2年後の延喜3年(903)2月25日、大宰府政庁の南館(現在の榎社)で59歳で亡くなりました。

彼の遺言により、遺体は大宰府に埋葬されることになりましたが、葬列が進む途中で牛車が突然止まりました。門弟の味酒安行は、これが道真公の意志だと判断し、その場所で埋葬し、祀庿を建てました。

延喜19年(919)には勅命により御社殿が建てられ、以後何度も勅使が派遣され、皇室の尊敬を集めることとなりました。

太宰府天満宮のご祭神・ご利益

天神様こと菅原道真は、学問の神様、文化芸術の神様、厄除けの神様として慕われ、ご利益は合格祈願などです。

「月夜見梅花」
原文:
月耀如晴雪(月の耀きは晴れたる雪の如し
梅花似照星(梅花は照る星に似たり)
可憐金鏡転(憐れむべし金鏡の転ろきて)
庭上玉房馨(庭上に玉房の馨れるを)

太宰府天満宮の御朱印

まとめ

太宰府天満宮へのアクセスは、公共交通機関を利用するのが便利です。車でお出かけの方は、駐車場のご予約を必ずしてください。

お祭りのハイライトは、観梅電車発車式や梅の花をテーマにした展示会、茶道や華道のデモンストレーション、そして梅の花と水の美しい景観を楽しめるイベントなどがあります。

また、太宰府天満宮の歴史や神社のご祭神、御朱印についても紹介しました。お祭りの参加者は、楽しいひとときを過ごすだけでなく、歴史や文化に触れる貴重な機会となります。

太宰府天満宮の詳細はこちらから確認できます。
周辺の宿泊先もチェックできますので、ぜひご覧ください。
>>太宰府天満宮の詳細はこちら

混雑で駐車できなかったら不安…そんな時のために
>>akippaで格安コインパーキング・駐車場を予約する
「太宰府天満宮」で検索