※本ページにはプロモーションが含まれています。

天神祭2023

天神祭2023が4年ぶりに開催されます。

日本三大祭りの一つ天神祭2023は、大阪天満宮の祭事です。7月24・25日に船渡御(ふなとぎょ)、鉾流神事(ほこながししんじ)、陸渡御(りくとぎょ)と奉納花火大会などの神事が行われます。

天神祭2023はたくさんの人が訪れる人気のイベントなので、気になるのが混雑状況ですよね。
そこで今回は、天神祭2023の混雑状況について調査しました。

混雑回避方法やアクセス方法についても紹介していきます。

大阪天満宮の詳細はこちらから確認できます。
周辺の宿泊先もチェックできますので、ぜひご覧ください。
>>大阪天満宮の詳細はこちら(MAPあり)

当日になって駐車できなかったら不安…そんな時のために
>>akippaで格安コインパーキング・駐車場を予約する
「大阪天満宮」で検索

天神祭2023の日程と混雑状況は?

大阪天満宮・御本殿大阪天満宮

天神祭2023の開催期間や開催時間はこちらです!

24日 宵宮祭(よいみやさい) 25日 本宮祭(ほんみやさい)奉納花火大会
7:45〜宵宮祭
8:30〜素木の神鉾を捧げた神童や供奉人、約200人が大阪天満宮 の表門を出発。旧若松町浜の斎場へ。
8:50〜鉾流神事(旧若松浜 天満警察署前)
夏越祓いの神事の後、斎船で堂島川に漕ぎ出し、菅公御歌の神楽歌「鉾流歌」の調べとともに、 神童が船上から神鉾を流し御神意を伺う。神職は祓物を河中に流して氏子市民の無病息災と市中平穏を祈願。
13:30〜本宮祭
14:15 〜神霊移御之儀(本殿)
15:30〜陸渡御(りくとぎょ)出発
18:00〜船渡御
19:30〜奉納花火大会
21:00〜宮入還御列
22:00〜還御祭(本殿)/行宮本宮祭(西区 千代崎)

★船渡御に乗船できます。
≪協賛会供奉船≫
1名様 30,000円(折り詰め弁当・お茶付き)
【お問合せ】
大阪天満宮 社務所 広報企画室
電話06-6353-0025

天神祭2023は毎年たくさんの人が訪れる人気のイベントです。そのため、イベント開催中はかなり混雑します。

天満宮周辺では、歩行者・自転車含め、交通規制が行われます。ご注意ください。
(現場の警察官の指示に従ってください)

令和5年度天神祭交通規制図をご確認ください。

安まちアプリ大阪府警察

天神祭の奉納花火

天神祭2023の混雑回避方法

天神祭2023の混雑を回避するためにはどうしたらいいのか紹介します!

毎年、奉納花火大会前の16:30分頃から最寄り駅「大阪天満宮駅」「南森町駅」はすごい混雑になります。

できれば、有料観覧席をオススメします。

有料観覧席でお金を使いたくない場合は、奉納花火大会が始める前30〜60分前には花火を見たい場所に行くことをオススメします。屋台が出ている場所ならば、早めに出かけてお祭り気分を満喫し、花火の場所取りをしましょう。

有料観覧席

販売代金:おとな・こども同額(消費税含む)
※1 座席位置によって花火が見えにくい場合があります。
※2 大阪ふれあいの水辺会場からは船渡御をご覧いただくことはできません。
※3 天満橋立ち見エリアは高層ビルと重なり、花火が見えづらいエリアとなります。

特別観覧席入場券販売サイト
① 天神祭特別観覧席事務局(JTB大阪第一事業部内)
チケットぴあ
③コンビニエンスストア(ローソン、ミニストップ、セブンイレブン、ファミリーマート)

※売り切れ次第販売を終了します。

天神祭2023の駐車場やアクセス方法

天神祭2023のアクセス方法を紹介します。

住所】大阪市北区天神橋2丁目1番8号

アクセス方法

電車
大阪メトロ 谷町線もしくは堺筋線「南森町駅」下車。4番出入口
JR東西線「大阪天満宮駅」下車。7番出入口

高速道路、環状線北浜出口を左へ、
高速道路守口線下を左へ、二ツ目の信号を右へ交差点(信号)を経て100m
1. 南森町交差点、天神橋筋を南へ
2. 二つ目の信号を左折
3. 約100メートル直進すると左手に駐車場入口があります。
カーナビでの住所設定は「大阪市 北区 天神橋 1-18-19」
駐車場
※満車及び神事・行事により、駐車場の利用が出来ない場合があります。

天神祭は電車でも、車でも混雑を避けることはできません。ただし、交通規制など考慮すると、電車の方が良いかもしれません。

大阪天満宮の詳細はこちらから確認できます。
周辺の宿泊先もチェックできますので、ぜひご覧ください。
>>大阪天満宮の詳細はこちら

当日になって駐車できなかったら不安…そんな時のために
>>akippaで格安コインパーキング・駐車場を予約する
「大阪天満宮」で検索

大阪天満宮も紹介

大阪天満宮・表大門大阪天満宮

大阪天満宮のご由緒

650年(奈良時代)孝徳天皇が難波宮を造った際に、都の西北を守る守護神として大将軍社も創建しました。

901年菅原道真は太宰府へ向かう途中この大将軍社をお参りしました。そして、903年道真が太宰府で没すると、その後の949年大将軍社の前に一夜にして七本の松が生え、夜毎にその梢を光らせたといいます。

それを聞いた第62代村上天皇の勅命により、大阪天満宮が建立されます。大将軍社は、境内の西北に摂社として鎮座します。

大阪天満宮公式サイト

大阪天満宮の主祭神は菅原道真

親しみを込めて「天神さま」「天神さん」と呼ばれます。845年京都に生まれ、5歳にして和歌を、11歳で漢詩「月夜見梅花」を詠みました。

祖父と父はともに学者の最高位である文章博士(もんじょうはかせ)に任命され、道真自身も33歳の若さで、文章博士に任命されました。

901年正月25日、大宰権帥に左遷され、2月1日京を発って太宰府に下向します。そして、903年2月25日に薨去(こうきょ)しました。

大阪天満宮のご利益

受験合格。詩歌・文筆・芸能・学問の上達。農業守護や病気平癒など

大阪天満宮の御朱印

まとめ

天神祭2023の混雑状況と混雑回避方法を紹介しました。

天神祭は特に25日夜の奉納花火大会が大混雑します。花火が始まる30分前からと終わってからの30分間、最寄駅は大混雑します。これは、諦めるより他ありません。

しかし、1年に1回しかない天神祭です。時間に余裕を持っていかれ、屋台と花火、お祭りを楽しんでください。

大阪天満宮の詳細はこちらから確認できます。
周辺の宿泊先もチェックできますので、ぜひご覧ください。
>>大阪天満宮の詳細はこちら(MAPあり)

当日になって駐車できなかったら不安…そんな時のために
>>akippaで格安コインパーキング・駐車場を予約する
「大阪天満宮」で検索